三江線写真集 [IB005]

販売価格: 2,000円(税別)

(税込: 2,200円)

数量:

商品詳細

 

山河と人を結ぶ三江線。

2018年3月31日にラストランを迎えた三江線。山を縫い、川に沿い、人を結び続けた三江線の情景録。
山陰鉄道シリーズ『三江線写真集』好評発売中!



三江線写真集


島根県江津市から広島県三次市を結ぶ、風光明媚なローカル線「JR三江線」

中国山地を貫く江の川に沿って全長約108km。大きな市街地を通ることもなく、長い鉄橋を遠慮深そうに渡ったり、緑に包まれたトンネルに姿を消したりと、情緒豊かな自然の中を走っていました。
近年では、自動車の普及や道路の改良などにより利用者が減り、運転本数も少なくなりました。それでも、地域の人々の大切な移動手段として、開業時から変わらず健気に走るその姿は、今も多くの鉄道ファンの心を魅了し続けています。

本書は、そんな三江線の姿を克明に記録した珠玉の作品集です。

天空の駅こと宇都井駅のイルミネーション、潮駅の桜並木、今はなき三次駅0番ホームなど、美しい風景からノスタルジックなスナップまで、100点を超える写真を掲載。さらに三江線を語る上で避けて通れないのが、江の川との関わり。度重なる水害を経験した路線ならではの設備「陸閘門」(りっこうもん) の仕組みや、その場所を紹介しています。

※JR西日本商品化許諾済



『三江線写真集』 仕様
発行今井印刷株式会社
写真山岡 亮治、田原 幹夫、小西 昌史、原 知之、福間 寿彦
サイズタテ240mm × ヨコ250mm × 厚さ9mm
ページ数108ページ
発行日2016/7/15
ISBNコード978-4-86611-030-1
 
https://imakore.ocnk.net/