山の白兎伝説の謎に迫る

販売価格: 1,200円(税別)

(税込: 1,320円)

商品詳細

 

古事記の白兎神話とは違う、
もう一つの白兎伝説があった。


著者の18年間に及ぶ研究をもとに、
「山の白兎伝説」の謎に迫る。

 

八頭町では昔から、古事記とは異なる内容の「白兎伝説」が伝えられてきました。

現在も「白兎神社」の跡地が遺されていたりして、
古くから白兎が信仰の対象として祀られてきたことが窺えます。

本書はそれらの兎神信仰のルーツはどこにあるのか、
18年間探求してきた著者が、その研究の成果ををまとめたものになります。

白兎伝説を端緒にして、
話は古代土師郷、天穂日命を祖神とする出雲臣と土師氏系の人々、
日本への仏教の伝来、伊勢参り信仰との関わりへと壮大に繋がっていきます。

地元の郷土史の枠を超え、
日本全体の歴史を新たな視点で描き出した一冊です。

 

 

山の白兎伝説の謎に迫る
著・発行新 誠
発売今井出版
サイズA5判/並製本
ページ数86ページ
発行日2022/10/14
ISBNコード978-4-86611-313-5
https://imakore.ocnk.net/